忍者ブログ
サイト「Nanayo-Duki」と連動した紀和沙のブログ。日記・サイト更新情報・創作お役立ち本レビューなど。イラスト・小説などの作品はサイトにあります。詳しくは、右中段のリンクから!
[1] [2] [3] [4] [5]
お花その1

スマホ用の接写レンズを手に入れたので、遊んでます。

お花その2

お花その3

すごい……手持ちのデジカメより綺麗に、しかも近づいて接写できる……。
スマホもレンズも超優秀。


拍手[0回]

PR

クラゲ

6月始まりましたね~。
画像は、2012年の6月に、京都水族館で撮ったクラゲたちです。
6月だけど暑いので、涼しげな画像を探して癒やされることにします。

5月中は、TRPGセッションで忙しかったです…。

あ!あと「機動武闘伝Gガンダム」マラソンを完走しました!すっごい面白かった!
これはまた機会を設けて語ろうと思います。

さて、6月。創作に本腰を入れていかなければ。……入れられるよね?

拍手[0回]


鳥獣戯画カプセルトイ


遠出した時に見つけた、鳥獣戯画のカプセルトイ。

「猫出ろ、猫ォォォォッ!!」

と念じながら回した結果…。

鳥獣戯画カプセルトイ

出ました!猫!やったー!

鳥獣戯画カプセルトイ

細かいところもよくできてます。


拍手[1回]


さる6月24日、京都水族館へ行ってきたときの写真です。(※順不同)

画像

イルカショーありーの。


画像

京都の山水展示ありーの。


画像

京都の海の展示ありーの。


画像

そして、日本人なら思わず「ハハハ、旨そうやな~」と言いそうな水槽で、私は衝撃的な物体を見た!


画像

海老が海老反ってる!!


画像

やっぱり海老反ってる!!

この海老たちに全部もっていかれました…。

拍手[2回]


画像

次のブログネタが上がるまで、たんぽぽの花をお楽しみください。

拍手[0回]


画像

石清水 神代の桜 うつしもて
 花の鏡の 影ぞ くもらぬ


(『松花和歌集』35番、従一位)

4月12日に、母と京都八幡へ、お花見に行ってきました。
上の写真は、「背割堤」という堤防に植えられた桜並木です。桜の本数は250本とか。いずれも立派で、しかも枝を悠々と伸ばして花開く、桜の「本気」を見せてくれるスポットです。

画像

枝の伸び具合はこんな感じ。こんな風に、堤防の両端に、まさに悠々枝が伸び、花が咲いています。桜の合間には、ハナミズキなども植えられてましたので、桜シーズンが過ぎたあとも見る花があるかも。

さて、背割堤のあとは、石清水八幡宮へ。京阪電車の男山ケーブルに乗りました。
石清水八幡宮といえば、『徒然草』第52段に、

すこしのことにも、先達はあらまほしきことなり
(ちょっとのことでも、道案内的な人ってほしいよねー)

と書かれた、あの石清水八幡宮ですよ! もちろん私たちは下だけでなく、上の本殿もお参りしてきました。ケーブルカーは、公共機関周遊券「スルッとKANSAI」も使えてラクラク。男山山頂までは、片道200円です。

画像

さすがにご立派な本殿。鮮やかな朱色、極彩色の竜虎装飾などを見ることができます。
八幡神といえば、応神天皇、つまり帝の神格化でありながら、僧形の神像が造られるという、神仏習合の影響を色濃く受けた神でもあります。源氏の氏神でもあり、鳩が御使いですね。

画像

なので、陶器でできた鳩に、おみくじがはさんである「鳩みくじ」(だったかな?)を買いました。500円。
そういえば私、今年の初詣では、近所の八幡さんに行ってるんですよね。で、おみくじ引いたら「」。「うえぇぇーい」(@くるねこ)となった記憶があります。
なので今回はどうですか八幡様!とくじを開きました。

結果:未分(いまだわかれず)

母:「これって小吉?」
私:「……さぁー?」
謎は残ったものの、書かれてた内容は中々によろしかったです。がんばろっと!

画像

石清水のあとは、バスに乗って「松花堂庭園」へ。美術館は見ず、庭園のみ。
この庭園、いろんな種類の椿や竹が植えられてて、すっごく面白かったです。

画像

なんじゃこの竹!!
「キッコウチク(亀甲竹)」というらしいです。なお、こんなジグザグ模様になってるのは、根元から1mくらいまで。それ以上になると、普通の竹と同じような、まっすぐの節になってました。ちぇーつまんなーい(笑)

あと池に鯉が飼われてますが、池は二つあるので、一つ目の池でエサをあげきってしまうと後悔します(笑)鯉のエサは100円でした。

庭園内にはお茶室や水琴窟などもあり、いい庭園でした。
この日はこれにて終了。帰宅しました。


オマケ:阿修羅さんに鳩様を持ってもらった。

画像

阿修羅:「けっこう軽いっスね」
御使い:「黙って持ちやれ」

拍手[1回]


画像

大阪府立弥生文化博物館にて開催中の、「とんぼ玉100人展」へ行ってきました。撮影OKだったので、何枚か作品の写真も撮らしてもらいましたが、ブログにアップしていいかどうかわかんないので、作品写真はご堪忍。

ただ「とんぼ玉展」とは銘打たれてましたが、中には「……玉?」な作品もいくつか。とんぼ玉メインのガラス細工展と言った方が正しいです。普通にオブジェ的作品だけ出展の人もいましたし。

パンフレット等目録の販売はなく、こぢんまりとした展示でした。あ、特別展のポスターは300円でした。あと勾玉アクセサリーが何点か。特筆するグッズは特になし。

この特別展は、3月20日まで開催されています。お近くにお住まいの方は、ふらりんと行ってみるのも一興かと思います。

まあそれだけじゃ何なので、常設展も見てきました。

画像

卑弥呼の館周辺の再現模型。雰囲気ありますね。
あとは弥生時代の墓の写真とかを、喜び勇んで撮ってた不審者は私です。いや、いま考えてるネタの中に、古墳発掘したら異様な埋葬をされた人間がいて云々とか、そういうのがあるんで…。あっやめて!矢じり投げないで!

画像

こちらはアジアとの交流を考察する展示。
古代からこんだけ交流があったことを考えたら、それよりのちの時代は言わずもがなだと思うなぁ。いつかこういう東西交流を視点に入れまくった作品が書いてみたい!

博物館を出たあとは、「弥生の里温泉」という温泉施設へ行ってきました。大人700円。久々に熱くて広いお風呂入ったー。今日は気温も低めでしたが、温泉で存分にあったまったので、帰ってきてからもポカポカでした。

拍手[0回]


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
プロフィール画像
HN:
紀 和沙 (KINO Kazusa)
HP:
自己紹介:
サイト「Nanayo-Duki」と連動するブログです。

オリジナルのイラスト・小説・ハンドメイド作品などの創作活動を展開。おもにオンライン上で発表しています。モットーは「おもしろければ何でもいい」。あと古典が好き。最愛は日本中世(平安末~室町)期。

ちまちまと投稿もやってます。
ライトノベルレーベル中心。お見かけの際はどうぞごひいきに。

拍手・コメント歓迎。
創作物への感想・ご意見、またご依頼等は、こちらのメールフォームをお使いください。
サイトのメールフォームをお使いいただいても結構です)
ブックマーク
素敵ブログ様へのリンク集です。

Blue Stars
くるねこ大和
花福日記
TORAPPACHI!
ひみつじゃない花園


※リンクに問題のある場合は、メールフォーム等でご指摘ください。
twitter
pixivとか
pixiv最新作品


読書メーター
和沙さんの読書メーター

鑑賞メーター
和沙さんの鑑賞メーター
アクセス解析とか



※ブログに掲載されている広告の一部は、NINJA TOOLSによって自動的に挿入・表示されるものです。広告の内容について、ブログ管理人は関知しません。
※「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加しています。
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Nanayo-B-Log 創作と日記あれこれ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]