忍者ブログ
サイト「Nanayo-Duki」と連動した紀和沙のブログ。日記・サイト更新情報・創作お役立ち本レビューなど。イラスト・小説などの作品はサイトにあります。詳しくは、右中段のリンクから!
[316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




読んだ本の数:40冊
読んだページ数:9251ページ

( ゚ω゚ ) < どくしょ ここまで

9月の読書メーターまとめです。今月は結構多かった!
しかも今月で、メーター登録冊数が1000冊を超えました!うれしい!

さて、今月のおススメ本を紹介。

・『MM9(創元SF文庫)』(山本弘、東京創元社、2010年)
・『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2』(東浩紀、講談社、2007年)
・『「おたく」の精神史 一九八〇年代論』(大塚英志、講談社、2004年)
・『手縫いで作る布こもの』(ブティック社、2010年)

『MM9』は、怪獣が実在する現代という設定で、その「怪獣災害」から人々を守るために活躍する気象庁の面々の物語です。怪獣は思わずニヤリとするものあり、「おー」と思うものあり。ゴジラ見て育った自分としては、「たまらーん!」な小説です。

『ゲーム的リアリズムの誕生』は、「物語が成立しない」ポストモダン=モダニズムの失われる時代において、物語を作ろうとすればどうなっていくのか、を考察した本です。これの前著はまだ読んでいませんが、この本だけでもものすごく参考になりました。「ライトノベルとは何か」「キャラクター小説とは何か」に悩める、物書きの方に超おすすめ。

『「おたく」の精神史』は、1980年代という時代の「おたく」や「おたく」と言われて批判された者・事柄たちについて振り返ることで、現代へのつながりを見いだせる本です。やっぱりこっちも物書き的に参考になりました。

『手縫いで作る布こもの』は、すべて手縫いで作る布小物の本です。小袋、バッグ、シュシュ、ブックカバー、クッションカバーなど、多岐にわたる作品が、すべて手縫いでできるステキな本です。ミシンがなくても布小物を満喫したい人におススメ!

     

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
プロフィール画像
HN:
紀 和沙 (KINO Kazusa)
HP:
自己紹介:
サイト「Nanayo-Duki」と連動するブログです。

オリジナルのイラスト・小説・ハンドメイド作品などの創作活動を展開。おもにオンライン上で発表しています。モットーは「おもしろければ何でもいい」。あと古典が好き。最愛は日本中世(平安末~室町)期。

ちまちまと投稿もやってます。
ライトノベルレーベル中心。お見かけの際はどうぞごひいきに。

拍手・コメント歓迎。
創作物への感想・ご意見、またご依頼等は、こちらのメールフォームをお使いください。
サイトのメールフォームをお使いいただいても結構です)
ブックマーク
素敵ブログ様へのリンク集です。

Blue Stars
くるねこ大和
花福日記
TORAPPACHI!
ひみつじゃない花園


※リンクに問題のある場合は、メールフォーム等でご指摘ください。
アクセス解析とか



※ブログに掲載されている広告の一部は、NINJA TOOLSによって自動的に挿入・表示されるものです。広告の内容について、ブログ管理人は関知しません。
※「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加しています。
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Nanayo-B-Log 創作と日記あれこれ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]